トップページ

    このサイトではアクセラの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アクセラの買取相場を調べて高額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのサイトに掲載しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    マツダのアクセラを高く売るために大事なことは「いくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのマツダディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、アクセラ(AXELA)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へアクセラの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアクセラの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っているアクセラの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、マツダのアクセラを高く売却できる買取業者が見つけられます。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アクセラの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアクセラの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアクセラでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がマツダのアクセラの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのアクセラを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者がマツダのアクセラの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアクセラをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    マツダ・アクセラの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたアクセラを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がマツダ・アクセラの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    中古車を査定するときに必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型と大型車に分別されています。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと授与されないので、中古自動車査定士の資格があれば、ある一定以上の経験や技能があるということを証明してくれるはずです。

    大方の業者には当てはまらないことですが、ごく一部に見られることですが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、即時にその車を明け渡すように勧められて、その車を受け取ったが最後、料金を支払う気配は見せずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    所定の契約手続きをしないで妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

    大手チェーンの中古車販売店の多くは、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

    これらの多くは車売却の際にプレゼントされるのが普通でしょうが、ただで車の見積もりを行うだけで貰えるキャンペーンもあるのです。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うと幾らかのポイントが受け取れるなどです。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、査定だけでポイントがもらえるキャンペーンを見付けたら自分も実施してみると、ポイントがたまって相場も分かって2倍お得ですね。

    決算期で販売合戦の激しい3月と、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    店側は期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。

    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    実際には製造年からカウントするのでなく、初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなので気をつけてください。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば値段がつかない車も出てきます。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、購入者視点で考えると10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が高額査定が期待できるという説があります。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、業者が見逃すことを期待しているのです。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、時間を問わず数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が良いに決まっています。

    来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、査定の金額も高くなるからです。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして買取業者による現物査定が行われ、その業者が出せる査定額が決定します。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そして満足な価格になったところで契約書を交わします。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと業者から売却代の振込があるのが普通です。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、お金をどうするかなどの契約事が曖昧になりやすいです。

    車売却というのは本来大きな金額が動く行為ですね。

    親密な間柄のこととは言え、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、重要項目についてはきちんと書面に書き残しておくべきです。

    きちんと念書を作るのを嫌がる人では、いくら親しい友人でも後からトラブルが起きる可能性が高いので、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検の残り期間が数ヶ月となると見積金額アップは望めなくなります。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に自動車を売る前に車検をすることはあまり意味がありません。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。