トップページ

    このサイトではアクセラの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アクセラの買取相場を調べて高額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのサイトに掲載しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    マツダのアクセラを高く売るために大事なことは「いくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのマツダディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、アクセラ(AXELA)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へアクセラの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアクセラの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っているアクセラの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、マツダのアクセラを高く売却できる買取業者が見つけられます。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アクセラの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアクセラの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアクセラでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がマツダのアクセラの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのアクセラを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者がマツダのアクセラの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアクセラをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    マツダ・アクセラの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたアクセラを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がマツダ・アクセラの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    売っても良いかと考え中の中古車にこれでは売却したくないと考える査定金額を査定士に示された時は、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、車を絶対に手放さなければならないという法律はありません。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、気にしすぎる心配はないでしょう。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったりしっかりと目で分かるへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、減額されるのが嫌だからと言って個人で直したとしてもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、ちょっと査定額がアップするという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をして査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    甘めの査定をすると言うよりも、万一本当に気付かなかったときのことを考えて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    時間に関係なく気が向いた時にできるのがネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    しかしそれにはデメリットもあるようです。

    たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、24時間対応の業者などから深夜に登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。

    勤務中にかかってくるのも困りものですし、連絡先の選択は注意するポイントです。

    タイヤの状態は中古車の査定時には価格に対する影響が少ないものです。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、普通のタイヤに交換してから売るほうが良いです。

    タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、冬場に路面に雪が残るような寒い地域以外ではいちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあと中古車市場に流通させるという余計な手間がかかります。

    ですから業者としてはスタッドレスは歓迎しませんし、タイヤ交換費の分を見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると本来確認すべきことが疎かになってしまうため、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかを念のために確認するようにしてください。

    査定は有料だと言うのであれば、そこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは還付の条件を満たしていれば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

    気になる条件とは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。

    保険会社に対し自らが手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、通常の普通自動車を買取に出したりしないでそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、自動車税は戻りません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについていちいち説明してくれるとは限りません。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    近頃販売されている車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが多くなりました。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    例外として、後から高額なカーナビシステムを装備した場合に限っては見積額が高くなるかも知れません。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。