トップページ

    このサイトではアクセラの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アクセラの買取相場を調べて高額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのサイトに掲載しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    マツダのアクセラを高く売るために大事なことは「いくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのマツダディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、アクセラ(AXELA)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へアクセラの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアクセラの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っているアクセラの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、マツダのアクセラを高く売却できる買取業者が見つけられます。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アクセラの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアクセラの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアクセラでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がマツダのアクセラの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのアクセラを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者がマツダのアクセラの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアクセラをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    マツダ・アクセラの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたアクセラを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がマツダ・アクセラの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    中古車査定において、へこみやキズがある車は査定金額が低くなるのが一般的です。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    自分でキズやへこみを直したといっても、その修理に要した経費より多く見積金額が高くなるケースはまれだからです。

    自分で直そうとするよりも、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方がコストを抑えることができてしまうからです。

    プロの腕前の査定士には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、いい加減なことを言ったことで担当者との信頼関係はもう絶望的になるでしょう。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることが起きても何ら不思議はありませんから、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる要因の一つになるのです。

    そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、その分だけ減点されるはずです。

    それから、買い手が躊躇するほどエキセントリックなものも、減点の対象となります。

    ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、たくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    見積り金額には幅があるから、現状確認をするために車を見に行きたい(家に来たい)というのが主旨です。

    状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる会社もあるようですから、面倒なときは他社にお任せしましたと言うのが賢い方法です。

    あるいは電話でなくメール連絡のみという査定サイトもありますから、面倒を避けるためにそうしたところを利用するのも良いでしょう。

    車を査定する際には車の所有者が必ずそこにいる必要があるなどといった約束を設けている業者はいないと思いますが、本人不在で起こりうるトラブルを防止すべく、できるだけ本人が査定に立ち会う方が良いです。

    トラブルの例としては、車のことがわかる人がいないのに乗じて元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    実際に自動車を手放そうと考えたときに、ディーラーに下取りに出した方が良いのか中古車買取会社に売った方が良いのかは、一番優先するのが何かによってお勧めするものが変化するのです。

    第一希望が簡単な方でというならば、ディーラーに下取りに出す方が簡単です。

    新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、全くといって良いほど手間がかからないのです。

    それに対して、ちょっとでも高く車を買い取ってもらいたいという希望があるならば買取業者に査定を依頼する事をお勧めします。

    何社かの査定スタッフと直接価格交渉すれば、一円でも高く買い取ってもらいたいという要求を叶えることができるようになります。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明はいりません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、自分で手続きに行っても良いと思います。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、売買契約書を持って行く必要があるのです。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車購入の際にも入り用になってきますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々手続きが順調に運ぶことになります。