トップページ

    このサイトではアクセラの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アクセラの買取相場を調べて高額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのサイトに掲載しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    マツダのアクセラを高く売るために大事なことは「いくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのマツダディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、アクセラ(AXELA)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へアクセラの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアクセラの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っているアクセラの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、マツダのアクセラを高く売却できる買取業者が見つけられます。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アクセラの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアクセラの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアクセラでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がマツダのアクセラの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのアクセラを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者がマツダのアクセラの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアクセラをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    マツダ・アクセラの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたアクセラを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がマツダ・アクセラの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、万が一隠して買取査定に持って行っても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    事故や故障での損傷が軽く、適切な処理が施されているならば「修理車」のカテゴリーに含めないケースもあるので、素直に話すことも重要でしょう。

    修理歴があだとなって、万が一多くの買取会社で0円査定と言われてしまったときには、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定額が高くなる傾向にあります。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、より最新モデルのカーナビでないと大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、もしも、カーナビがない場合には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好き嫌いがありますので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによって変動するものなので、その時の流行によってある一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も中古車の売却査定の際に隅々まで確認されるのが普通です。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、舗装の巻き上げ等でつく小傷などは特に減額対象としない場合が多いです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、買取額でその修理費の元がとれることは「十中八九ない」と断言できます。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

    その一方で、カーディーラーに下取り査定を頼むときには、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、業者の無料査定を経験した人ほど忘れがちなことですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをいま一度はっきりさせておきましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていればかけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。

    ある程度を超えて走行した車というものは、業者の査定ではマイナスとなります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そしてさらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    しかしまったく売却不能というものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使えるパーツ単位で計算して相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    自分の車を売ろうと思っているならば、WEB上の中古車の無料一括査定サイトを利用すると、売却予定の車の相場が一目瞭然なので利便性が高いと言えます。

    そうは言っても、実際の売却価格までは実際に査定士に見積もってもらって最終価格を聞くまでは分からないのです。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、実際の査定金額は大きく変わってしまう可能性が高いのです。

    車売却の際には、一括査定サイトが出した査定結果をあまり過信するのも考え物です。

    基本的に自動車の査定時において、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    修理の腕に長けていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしてもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いということとは違いますから注意しましょう。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。

    思いつく限りの業者を当たってみてもタダみたいな値段しかつかないときは、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それにもし廃車にするとしても、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    こうした専門業者の売りは、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分にかかる費用が無料で済むというところです。