トップページ

    このサイトではアクセラの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アクセラの買取相場を調べて高額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのサイトに掲載しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    マツダのアクセラを高く売るために大事なことは「いくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのマツダディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、アクセラ(AXELA)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へアクセラの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアクセラの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っているアクセラの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、マツダのアクセラを高く売却できる買取業者が見つけられます。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アクセラの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアクセラの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアクセラでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がマツダのアクセラの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのアクセラを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者がマツダのアクセラの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアクセラをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    マツダ・アクセラの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたアクセラを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がマツダ・アクセラの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには何点か考えられますが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    もっと酷いケースになると、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    このような悪質な業者に出会ったときには、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    車検が残り1年以下の場合にはいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売却予定になってから車検を行っても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    その程度も関係してくるので一般論ですが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には査定時に減額されるでしょう。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、煙草を吸う習慣のない人には売ることは至難の業だからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、タバコの臭いを抑えることに成功するでしょう。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもけして疎かにしてはいけない点があります。

    当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に値段、手数料といった金額に関連した文言はよく読んで理解しておく必要があります。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上で契約するのが本来あるべき姿なのです。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    修理歴等を偽って深刻する行為は査定担当者に不信感を持たせますし、契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    また本来申告すべき情報を隠す行為は法律上では告知義務違反に相当する大問題で、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    少しでも高い見積り額を訪問査定に来た中古車業者から引き出す秘訣は何だと思いますか。

    業者はせっかく来たからには契約を取り付けて帰りたいわけで、提示金額次第ではここで契約してもいいというアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンも引取後の販売日程が明確になりますから、価格に上乗せしようという気になりますし、価格交渉も円満にまとまる率が高いのです。

    自分の車を売ろうと思っているならば、WEB上の中古車の無料一括査定サイトを利用すると、査定金額の相場が一瞬で分かってしまうので大変使い勝手が良いでしょう。

    相場の値段は把握できますが、実際にいくらの価値があるのかは実際に査定士に見積もってもらって最終価格を聞くまでは分からないのです。

    ボディや内装のキズや凹みの程度、および車検があとどれくらい残っているかなどによって、現実の価格はかなり変わってくることが当たり前なのです。

    車を査定してもらうときには、中古車一括査定サイトによる査定金額を鵜呑みにしてしまうのも良くないのです。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、相当な労力と時間がかかることは否めません。

    車の査定をしてもらいたいと思ったら、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、出張査定サービスを利用するのもありです。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、業者に出張査定してもらったほうが結果的に高値になりやすいという点で売る側にとってはありがたいサービスといえるでしょう。

    自分で業者に持ち込むと1店ずつしか回れませんが、出張査定なら多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり同業他社と査定額を争うことになり、比較的高額での売却が可能になるからです。