トップページ

    このサイトではアクセラの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アクセラの買取相場を調べて高額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのサイトに掲載しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    マツダのアクセラを高く売るために大事なことは「いくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのマツダディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、アクセラ(AXELA)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へアクセラの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアクセラの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っているアクセラの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、マツダのアクセラを高く売却できる買取業者が見つけられます。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アクセラの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアクセラの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアクセラでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がマツダのアクセラの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのアクセラを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者がマツダのアクセラの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアクセラをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    マツダ・アクセラの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたアクセラを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がマツダ・アクセラの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    車の査定の仕事をする場合に査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

    でも、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、大型車、小型車の二種類存在しています。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格があれば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、大手の業者と中小の業者では査定スタンスが少々違ってきます。

    自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、中古車を積極的に買い取るのです。

    買い取りは積極的なのですが、価格は社内基準に則った範囲でしか決定出来ず、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    大抵の中古車買取業者においては、中古車の見積もりにかかる時間は実質15分かかるかかからないかです。

    さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階でのオークションなどの相場をもとにして基礎になる査定額が事前に決定されていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすれば最終的な価格を決定することが可能だからです。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで直接査定してもらおうと思っているなら、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが飛び込みOKというところが多いです。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、相場もわからなければ価格競争もありません。

    従って市場相場を下回る値段で売ってしまう可能性もあるわけです。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、愛車を高く売ることができるのは間違いありません。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、買取り業者が提示した査定金額には期限が設定されています。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでかあらかじめ確認しておくべきです。

    期限は長くても10日から2週間位が設定されていると思いますが、決算期やボーナス時期などには短縮されていることが多いので注意が必要です。

    買い替えで下取りということになれば今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、自分で買取業者を探して売る場合は、多少なりとも空白期間ができることもあります。

    どうしても車が必要であれば、実車査定の段階以前にあらかじめ代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    代車ありを謳っている業者でも店によっては台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため気をつけてください。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、年式が旧型ならば通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    全部というわけではありませんが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明な点は確定申告の際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、自動車は個人売買するのが業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    お金に関することは、分割払いの初回のみ支払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。