トップページ

    このサイトではアクセラの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アクセラの買取相場を調べて高額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのサイトに掲載しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    マツダのアクセラを高く売るために大事なことは「いくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのマツダディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、アクセラ(AXELA)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へアクセラの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアクセラの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っているアクセラの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、マツダのアクセラを高く売却できる買取業者が見つけられます。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アクセラの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアクセラの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアクセラでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がマツダのアクセラの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのアクセラを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者がマツダのアクセラの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアクセラをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    マツダ・アクセラの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたアクセラを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がマツダ・アクセラの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    それとは逆に赤や黄色などの原色系は中には嫌がる人もいますので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによりけりなので、人気のある特定のボディーカラーが査定見積もりの際に高値をつけるということも起きてくるのです。

    車の査定の仕事をする場合に査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

    でも、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと授与されないので、中古自動車査定士の資格がある人は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということがうかがえるのです。

    程度問題というところもありますが、タバコの臭いが車内にこもっているときには中古車査定時に減額される事になるでしょう。

    過去に喫煙したであろう車は、禁煙車を希望している人には確実に売れないからです。

    この煙草の臭いの元は、車の中のどこかに残っているヤニ汚れのはずです。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、煙草の臭いはかなり少なくなるに違いありません。

    純正以外のホイールに履き替えている車を売却する際は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    少数ながら人気の高いホイールもないわけではありませんが、一般的にいうともともとのメーカー品を装着している車のほうが査定はプラスされる傾向があるからです。

    状態が悪ければ意味がないのでカバーをかけるか、出来れば屋内に保管するのがおすすめです。

    良好な状態を維持している他メーカー製ホイールは結構良い値段でオークションで取引される場合も多く臨時収入も期待できます。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    その場合、製造年は無関係で、あくまでも初度登録年から数えますから、要注意です。

    高年式の車ほど査定額は低くなっていくものですから、10年落ちの車などは過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、購入者視点で考えると10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引のさまざまな相談電話がかかってきます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が右肩上がりに増えています。

    一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

    一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、かならず誰かに話を聞いてもらうと安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、通常の普通自動車を買取に出したりしないで廃車にすると戻って来ます。

    反対に軽自動車に関しては、税金の還付はありません。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    しかしながら、自動車税のことについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    自動車に掛かる税金の話をすると、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、損したと思うようなことはないのです。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて還付されるようなことはありません。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    自動車重量税については査定士と要相談ということですね。

    いわゆる事故車だとか過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、中古車市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。

    あとは個人でできることといえば、自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも目的に合った方法を選ぶと良いでしょう。