トップページ

    このサイトではアクセラの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アクセラの買取相場を調べて高額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのサイトに掲載しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    マツダのアクセラを高く売るために大事なことは「いくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1つの買取業者のみとか近くのマツダディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、アクセラ(AXELA)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社へアクセラの買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアクセラの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが乗っているアクセラの買取相場分かりますし、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、マツダのアクセラを高く売却できる買取業者が見つけられます。

    今までの車買取一括サイトなら、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アクセラの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのアクセラの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのアクセラでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がマツダのアクセラの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのアクセラを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者がマツダのアクセラの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用したアクセラをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    マツダ・アクセラの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用してきたアクセラを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がマツダ・アクセラの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    一般論を言うと、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで査定額が分かる証明書が必要になった際には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    JAAIの事業所は全国展開していて、50ヶ所以上あります。

    そして、無料で査定してくれるわけではありません。

    それから注意点としては、前もって予約が必要になることです。

    売却予定の車を査定に出したときに、値段がつかない場合も出てきます。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても同様に査定額がつかないケースでも、廃車にすることを前提として買い取る業者に買取をお願いする事ができますので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    原則的に、車査定において絶対必要になってくる国家資格はないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと与えられませんから、この民間資格を所持しているならば、ある一定以上の経験や技能があるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    普段使っている車を売る際は、一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

    代替となる手段がある人は別として、日常的に車を使う場合は必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でもしてくれるわけではないので注意が必要です。

    あとになって慌てないよう、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、担当者に聞いておくと安心です。

    簡易査定後に実車査定を受ける段になると、業者は見積もりを出し、その場での契約を迫ります。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった商談が展開されるでしょうが、その場で決めるのは得策ではありません。

    ディーラー下取りでなく中古車業者に売却する際は、複数業者に査定させることが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    まずはなるべく多くの業者に査定額を出してもらうことが肝心で、見積り額が揃って相場がつかめたところで交渉しても遅くはありません。

    中古車を買い取る際の査定では、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、プラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    減点評価が免れないものは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、むしろやらない方が良かったなどというパターンも少なくありません。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    現実の査定に出して示された金額は、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    買取金額の相場は常に流動的ですから、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    査定金額を示されたときに即決できないときはいつまでならその査定額で買い取りして貰えるのか充分に注意しておくようにしましょう。

    保証期間については交渉することもできますが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。

    車のローンを完済する前でも全く車の売却ができないということはありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、残債を返済しきるまでの間は所有者名を変更することはできません。

    要するに、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、車を個人同士で売買する方が一番双方にとって得をする方法です。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更に関することとお金に関することです。

    前者については、双方が決めた月日までに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    後者の場合には1回目だけ支払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、決済は一回払いのみで対応すれば余計な心配をする必要がないでしょう。